新築

新築ゼロエネルギー 新築ゼロエネルギー

SW工法(スーパーウォール工法)の家をベースにゼロエネルギーを目指す家づくり

写真

2011年に起こった東日本大震災と原発事故は、時代に流されていた国民を立ち止まらせ、真剣に将来を考えるきっかけとなりました。
特にエネルギー問題においては、99.6%を外国に依存し、その殆どが政治不安を抱えている中近東から輸入している現実に目を向けるようになったのです。
日本の家づくりにおいても、かつて類をみないほどに大きく変化し、価格の面で敬遠されていた高性能住宅(省エネルギー住宅)の必要性に目が向けられるようになりました。性能の良い家を建て、その家が受け継がれていく家づくりが始まったのです。先進国の中で大きく遅れていた日本の住宅性能も、世界にやっと肩を並べられるようになってきたのです。
弊社はゼロエネルギー住宅になくてはならない高性能住宅に1997年より取り組んでおり、長年培った知識と技術力で、ゼロエネルギー住宅に取り組んでいます。

ゼロエネルギー住宅とは

ゼロエネルギー住宅とは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住まいの年間一次エネルギー消費量が正味おおむねゼロになる住まいです。 簡単に言えば、「光熱費がかからない家」、「夏涼しく、冬暖かい家」です。

img02

ゼロエネルギー住宅の背景

2006年に制定した「住生活基本法」をうけて福田総理が200年住宅構想(性能の良い家を造って長く住みましょう。そのためには補助しますよ。)という政策を打出したが、コストや日本の住宅に対する考え方などさまざまな要因により思うように進みませんでした。
その後、住宅エコポイント制度や長期優良住宅の税制優遇措置により、新築住宅の半数は次世代省エネ基準を満たすところまできましたが、実はその基準は低いレベルのものであったにもかかわらず、義務化できないでいました。
しかし、国は2012年に「省エネ基準」を見直し、新築住宅の目標であった次世代省エネ基準を2020年には義務化し、さらに2030年にはゼロエネルギー住宅が標準になる目標を掲げました。日本の新築住宅は省エネルギー住宅を飛び越えて、ゼロエネルギー住宅へと急速に進んでいます。
先進国から大きく遅れていた日本の住宅性能もやっと世界と肩を並べられるようになってきたのです。

ゼロエネルギー住宅を実現するには

STEP1ライフプランをしっかり立て、暮らし方をイメージする

限られた予算の中で、光熱費ゼロ住宅を建てるにはプラン作りが一番大切になります。
近年『断捨離』という言葉が流行し、 心も体もスッキリした生活をしようという方が 増えてきました。そこでライフプランをしっかり立て、家族にとって本当に必要な部屋数や大きさを考えて プランを作りましょう。
家族構成が変わってもSW工法の家は在来ですので、 リノベーションも自由にすることが出来ます。

ライフプランをしっかり立て、暮らし方をイメージする

STEP2STEP1をベースに自然の恵みを取り入れたプランを完成させます

ゼロエネルギー住宅には省エネ機器の設備に頼るだけではなく、地形や風向きなどの 地域の特性、サッシの形状や取付位置などを考慮して設計することも大切です。

写真 写真

STEP3リクシルSW工法で高性能住宅を造ります

SW工法の家は、『高断熱』・『高気密』・『24時間計画換気システム』・『高耐震』住宅です。
2012年の省エネ法の改正により、2020年には義務化になる省エネ基準を大きくクリアした家です。

高断熱

SW工法の家で最も大切なのは断熱材です。
窓ガラスや玄関ドアなどの開口部は、家の中で熱の出入りが最も大きく、断熱材を入れた家でも、隙間や開口部から熱が逃げてしまいます。
夏の場合、家全体の約70%の熱が開口部から入り、冬の場合、家全体の約50%の熱が開口部から逃げると言われています。
SW工法の家は、SWパネル(断熱材)と高性能サッシ、断熱玄関ドアを組み合わせることにより、 高断熱・高気密を実現します。
外気温の影響を受けにくく、少しのエネルギーで、夏は涼しさを、冬は暖かさをキープしてくれる魔法瓶のような家なのです。

SWパネル

グラスウールの約2倍の断熱性能をもつ硬質ウレタンフォームを
充填した SWパネルを柱や梁の間にはめ込んでいきます。

img06

断熱サッシ LIXIL サーモスⅡ- H

スマートシナジーシステムにより、優れた断熱性能と
美しいフォルムの両立。

img07

断熱玄関ドア (k2仕様) ジエスタ

夏の暑さ、冬の寒さから守る、断熱性に優れた玄関ドア。
断熱材(サーマルブレイク構造枠)と高断熱複層ガラスの組み合わせで高い断熱性能を実現。

img08 img09 img10

高気密

ゼロエネルギー住宅には省エネ機器の設備に頼るだけではなく、地形や風向きなどの 地域の特性、サッシの形状や取付位置などを考慮して設計することも大切です。

隙間が少ない家 隙間が多い家

24時間計画換気システム

高い断熱性・気密性が保持されて始めて「24時間計画換気システム」の性能が生かされます。 家の中の温度差をなくし、空気のよどみを少なくします。
弊社が採用しているのは、熱交換型の換気システムです。

高い気密性が保持されたうえで、「24時間計画換気システム」を 組み合わせて、上下温度差のない家を実現します。

換気と高気密の関係 動画
SW工法の家 気密の悪い家
温度差のない家にするメリット

温度差のない家にするメリット

特徴① 室内の結露を防ぐので、家の寿命は長くなります。

特徴② 体の冷えやヒートショック(温度差により血圧が上昇や下降すること)による心筋梗塞や脳内出血を防ぎ、 健康で長生きできる可能性も高くなります。

高耐震

SW工法は、壁面にSWパネル、床に28mm合板を使用して強固な箱型を構成する 高耐震のモノコック構造です。台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

SW工法住宅

壁・床・天井が一体化した、強固な箱型の「モノコック構造」と建築基準法の木造最高となる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定取得)のSWパネルなどによる高耐震構造。

SW工法
        写真

STEP4光熱費ゼロを目指すには、設備機器も省エネルギー仕様にします

省エネ設備の導入は家本体に費用がかかると抑えたくなりますが、ここは頑張ってください。ゼロエネルギー住宅の計算に組み込まれます。 断熱浴槽、エコキュート、LED照明、省エネ家電、節水トイレなど、さまざまな省エネ商品が出ています。

家庭で使うエネルギー 断熱浴槽

STEP5最後に創エネ機器の導入と住まいの工夫です

高性能住宅(省エネ住宅)+省エネ機器で、一次エネルギーを出来る限り抑えて、 残りの部分を太陽光発電などの再生可能エネルギーで補い、一次エネルギーを正味ゼロにします。 これらのエネルギー使用を管理・制御するものとしてHEMSを導入します。 HEMSはエネルギーの使用を管理・制御するとともに、見える化により省エネに対する家族の 意識を高めます。なお、余った電気は売電し、ローンの返済に回すことが出来ます。
これでゼロエネルギー住宅の完成です。

太陽光発電 HEMS
写真

共栄では各種セミナーをご用意しています(毎月開催・予約制)

家づくり資金セミナー・ゼロエネルギーを目指す家づくりセミナー

「高性能住宅を建てたい」「ゼロエネルギー住宅について詳しく知りたい」という方は、是非セミナーへご参加ください。しっかり把握できる個別セミナーとなっています。ファイナンシャルプランナーによるライフプランセミナーもご用意しています。

イベントサイトで家づくりのセミナーを見る
btn__free-tel
btn__free-tel

ページトップへ